PAGE TOP

看護師求人サイトの口コミ!転職を成功させるには?

自分に合った看護師の求人を探すには?

看護師の求人はたくさんありますが、求める条件に合う求人がいつもあるとは限りません。看護師として必要な資格を持つ方でとにかく就職さえできれば良いと思っている方は少ないでしょう。なるべくならば給料が高くて職場環境も良く、夜勤がなくラクな職場で働きたいと考えている方が多いものです。


望み通りのところに転職するには、情報収集を行うことが大切になってきます。
結論から言うと、正看護師、準看護師の異なる一番の点は資格があるかないかです。つまり、正看護師は国家試験をパスしなければ、仕事ができません。
一方、準看護師は、各都道府県の知事によって、交付される資格です。

準看護師から正看護師に向かって指図できないことになっているため、看護師長などの役職に就任したり、指導をする立場にも立てません。どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人がそれほど多くないという印象を受けますよね。
実際にはそのイメージ通りに国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。医療施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識的に禁煙している人が多いと理解できます。

看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、少なくとも平均年収においてはなんなく看護師が上回りました。


慢性的に人手が不足している医療分野ではいつでも人手を求めている、という事情により、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような大きなメリットがあるといえます。
さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない大切な人的資源です。
にもかかわらず、そんな看護師の待遇は良いとはとてもいえないのです。
看護師は夜間に仕事をするケースがあったり、逆に、休日が少ないといった辛い環境で仕事をしていて、給料などの待遇がそれほど良いとはいえません。



離職率が高くなってしまうのも、当たり前でしょう。


お年寄り社会が進み、福祉施設における看護師の需要はおおくなってきているのです。

そして、大きな会社にもなると看護師さんを雇用していて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをやっています。こんなときには、その会社に入社することもあり得るでしょう。



私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気を治療するためいったん退職しました。
ですが、身体の調子が治ったら、現場に復帰して、看護師として今も病院で働いています。

空白期間が出来ても、資格を取得しておけば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。

やはり資格が大切なことが改めて分かりました。



看護師の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。



職場がそんな人間関係ばかりだとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と達観しておくのが良いでしょう。

顔見知りの看護師がずっと人間関係に悩まされていたのですが、ついに先月、病院を退職してしまいました。
このような環境におかれたご時世、新たに看護師を迎えるにも看護師のなり手があまりいないそうで、病院側はどうしていいかわからないらしいです。仕事を辞められてから困るくらいなら、そのようにならないように、もうちょっと配慮すれば防げるのにと思いました。
看護師の方の外来での仕事というのは、病院を利用したことがある人ならご存知のように、注射や点滴、問診、血圧を測ったり、患者さんに医師の指示に基づき、処置をします。

手術や検査の移送も看護師が行うことになっています。患者と過ごす時間も多いため、病の治療だけではなく精神面でもケアをする必要があるでしょう。看護師が転職する際でも、個人では待遇に関する交渉はできないこともよくあるのですが、看護師転職サイトを利用すると代わりに交渉してくれるので、有利な条件で転職できることもあるでしょう。これが初の転職という人は、好感をもたれやすい履歴書、職務経歴書の記入の仕方を指導してくれることも助かるでしょう。看護師といったら、昔は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。でも、今では看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。



看護師の仕事の内容は一般に医者の診療を助けることから、入院患者の日々のお世話まで広範囲にわたる勤務内容で長い労働時間であったり夜勤がたくさんあったりという大変な職業なのです。
きつい体力勝負の仕事ですが、それに見合う給料がもらえない事も大きな不満に繋がっているようです。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。
万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で新しい職場を探す、という人も少なくありません。規模の大きい病院に移って技術を吸収したいと希望する、とてもアグレッシブな転職になります。
病院へ行くと毎日、どんどん患者の方がくるので、看護師さんは常に忙しそうにしています。
テキパキとしていたり、大声で名前を言ったり、患者やその家族の方に説明するなどと、しっかりしていなければこなせない非常に大変な職業だと思います。とはいえ、その代わり、やりがいのある職種だと思いました。

看護業界は常に人手不足?

世間一般では、看護師の仕事は激務だと考えられています。近年の病院の雇用体制の問題が要因で、長期間にわたって続く人手不足より勤務時間が長くなってしまう傾向にあることが原因です。長い勤務時間に加えて、1ケ月の間に何度か組み込まれる夜勤があるため、日常的に、疲労とストレスに悩まされている看護師が多く存在するでしょう。看護師になろうと思ったきっかけはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、体験先の介護施設の看護師の方に感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になって仕事に就くならあんな職業をしたいと思って看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。

大変なこともあるのですが、毎日が充実しています。



実際のところ、看護師は安い給料で、夜勤などもあって毎日の生活が大変だと思われるかもしれません。

ですが、看護師には良いところだってちゃんとありますよ。
一例を挙げてみると、入院患者に感謝されることが多いです。また、最近では、職業的なイメージもあり、、婚活などでも大人気だそうです。
転職情報サイトの看護roo!で利用できる対象が看護師のコミュニティサービスも、先輩看護師の助言や看護師が知りたい情報がたくさん読めますから、たいへん人気が高くなっています。あと、看護師に関する知りたいことやききたいこと、それに対する回答もすぐに読めるので、たいへん参考になりますね。日本の看護師の年収は平均すると437万円ぐらいです。ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員という立場で仕事をしているため、年収の平均は593万円ほどです。
公務員看護師は給料の上がる割合も民間病院と比べると高く、福利厚生もしっかりしています。


準看護師では、看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい低いです。看護師の業務内容は幅広いです。たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶように補佐するのが基本的に、主となる業務内容になりますが、患者さんのケアや介助なども行います。
外来、入院病棟のどちらなのかによって、業務内容の方向性は様々です。

仕事の負担が大きいのは、外来よりも入院病棟の方で、大きな負担となるでしょう。どうすれば、希望に沿った条件で別の病院に看護師が転職できるかなのですが、看護師専門のエージェントに頼むのが近道であり、安心な方法でもあります。

インターネットで探してみると、色々な転職サイトをみつけられるので、登録を行い、情報を手に入れることが近道になるはずです。

同時に、いくつかの看護師転職サイトに登録することもできるので、とりあえず登録してみてください。


例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、もちろん辞めたくなることも少なくないでしょう。お仕事に関する失敗だけでなく患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。
しかしながら、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと実感することも多々あるのです。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。


学校行事の旅行や一般向け旅行企画などに参加し、怪我や病気のその場での処置や病院の手配をする看護師もいます。
主婦として子供を育てながら働いている人は土日の待遇が優遇されていたり、夜の勤務が免除される職場を探しているものです。

病院以外の場所で務めるには、その場に適した医療の知見を習得している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると雇用されやすくなります。

女の子が憧れることが多い看護師になるためには、主に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。

他方、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

看護師が技術力をつけようとしたり、ステップアップするには様々な手段があります。

現在の勤務先から自分を活かせるような他の病院、医療施設などで働いてみるのも考えられる方法の1つになります。また、最新の技術や広範な知識を自分のものにするために看護にちなんだ資格を取得するのも成長できる方法でしょう。

医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば病院によりますが、2交代制か3交代制でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師や看護師など、人の数がかなり減り、そうやって人がいなくなった夜中にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。

当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。ところが、個人病院の方では、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、結局は院長先生の考え次第となるようです。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。



ただ、本業の医療機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。看護師が働ける場所というのは病院に限りません。
グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においてもまだまだ看護師は足りていません。



グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。
様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。

看護師の業務内容とは?

看護師の業務、介護士の業務で、最も異なることは、看護師は、お医者様の指示を受けて医療にあたる行為を実行できるということです。

注射とか点滴のような仕事は、看護師にしかできません。



体力も精神力も必要な仕事ですが、自負を持って、この仕事で一生やっていくと考える看護師が多いのは、責任感、使命感にあふれているからとも言えるかもしれないですね。


看護師が活躍できる場所は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも特に看護師は重宝されているのです。グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。


様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。



土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、土日祝日の休みをとることもできます。


病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、土日を休みにできるでしょう。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。
もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合のプラス面とマイナス面について知っておいた方が無難です。
手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、スキルアップに繋がります。短所は何かというと、担当患者が短いスパンで変わっていくため、時間をかけて確実にそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。
このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。

たとえば「いいお給料で看護師をしたい」というのならば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、できるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。



この夜勤があるかどうかによって給料の差は大きくなります。



看護師が転職する際に具体的に、自分が望む職場の条件が想像できないケースもあるでしょう。



そんな時は、求人情報の数が多い看護師転職サイトを利用した場合が、自身にマッチした転職先を見つけられるでしょう。看護師が派遣で仕事をする時には、利益や不利益があるのです。
利点としては長期間働かなくてよく、都合や条件に合わせて他の職場に自由に移れることです。
デメリットは昇給や賞与がないので、長期間勤務するには適さないことでしょう。看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、結局のところ、もしも離職している期間があっても、また看護師に戻れるという点です。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと現場の人手不足の問題が少なからず関係しています。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、上手くいけば50代だったとしても、復職が可能です。



看護師なんて安い給料だし、夜勤があって毎日の生活が大変だと思われるかもしれません。

ですけど、看護師にも良いところがちゃんとありますよ。


例えば、患者さんにありがたく思ってもらえることも多いです。
それに、近頃では、自立した女性という印象のため、婚活などでも大人気です。

何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。

でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。
具体的には、多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。

このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も意外と多いのです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。



看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートが遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させられるそうです。そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
病院に初めて看護師が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。
配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、出された答えとしての配属であることが多いようです。

ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。


看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、業務を行なう上で必要な事柄を直接、顔を合わせて報告するというものです。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。
申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。
看護師の働き先といえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の務めです。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。看護師になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。

大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。対する専門学校については、実習など現場に即した内容が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。