看護師の年収

HOME > 看護師の年収・給料

看護師の給料・年収はいくら?

仕事場の画像

現在看護師として現役で働いている方にとって気になるのが収入についてのことでしょう。毎日ハードな勤務をこなし夜勤もしているのに、思っていたよりも収入が低いといったことに悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

一般的には看護師の年収は高いというイメージが漠然とあるかもしれません。しかし実際には勤める病院によって大きく給料は異なり、年齢が同じでも月収で10万円の差があるといったことが珍しくないのも看護師の年収の特長です。

看護師の平均年収はいったいいくらなのかまずその点をはっきりと確認して、あなたの収入と比べてみましょう。はっきりと自分の収入が安いと感じたら、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

厚生労働省の調査によると、平成20年の看護師の平均年収は473.9万円となっています。平均月収は32.2万円、年間賞与は87.5万円です。

平均年齢は35.9歳、平均勤続年数は6.8年となっています。

看護師は女性の仕事というイメージが強く実際に女性の割合が非常に多くなっていますから、平均年収473万円というのは女性の仕事の中では収入が高いといえます。実際の女性の平均的な年収は271万円ですからそれと比べても高いことがわかります。

しかしやはり年収が高いというのには理由があり仕事の大変さや、夜勤や深夜勤といった変則的な就業時間などに耐えられる方でなければ続けられない職業と言えます。

あなたの現在の収入と看護師の平均年収を比べてみて開きがある場合には積極的に転職活動を行うことをおすすめします。

看護師はいまだ不足しており需要は高いのです、納得できる職場を探してみましょう。