看護師転職の履歴書

HOME > 履歴書の書き方

看護師の転職する際の履歴書はどう書く?

履歴の画像

就職活動・転職活動では必ず履歴書を出す事が必要になります。

中には「面談時に自分を見て貰えればアピールできる!」と適当に履歴書を書く人もいるみたいですが、これだけは絶対にNGです。なぜなら、履歴書とは就職・転職における最低限のマナーだからです。

確かに、書類ではなく面談時のあなたを見て、あなたの仕事に対する情熱を語れば"あなた"という人間を知ってもらう事が出来ると思います。しかし、これは結果であり会社側は過程も見ています。

つまり、履歴書を適当に書いて出すというのは、自分自身が適当な人間であると言っている様なものなので、必ずきちんと履歴書を書いて面接官にあなたという人物を知ってもらう様にしましょう。

では、どのように履歴書を書けば良いのでしょうか。

基本的な事からいうと綺麗な字で書く事。何社も面接を受けている状態だといい加減履歴書を書くのが嫌になってきますが、グっと我慢して丁寧に書いていきましょう。ここで求められるのは字の上手下手ではなく、丁寧さです。字を書くのが苦手な方はパソコンを使って履歴書の下書きの作成をすると良いでしょう。

次に履歴書に書く内容ですが、志望動機をシッカリと書いて下さい。

なぜ、そこの病院に勤めようと思ったか、看護師になろうと思った動機は何か、これらを詳しく正直に書きましょう。

相手方に気に入られる様な事を書く人もいますが、偽りはバレてしまうので気を付けて下さいね。

また、良い履歴書を書くために錬食支援サイトも利用して欲しいと思います。転職支援サイトにはキャリアコンサルタントがいるので、この方に履歴書を見て貰いアドバイスを受ける事をお勧めします。

転職活動のプロのアドバイスは驚く程的確なので、アドバイス通りに書くだけで同じ履歴書でも天と地の差になると言えるでしょう。